トップへ戻る

痩身エステ 体験

必見!痩身エステの体験時にチェックするべき『4つのポイント』

初めての痩身エステ。気に入ったエステを見つけて、まずは体験に行くことを決めたあなた。はじめてだからこそ、ぼんやりと心配があるかも知れません。
ですのでこちらのページでは、予約からカウンセリング、施術まで、具体的にエステサロンに足を運んだ時のために、【良いサロンの見分け方】や【こんなサロンはNG!】というポイントをご紹介します。
エステサロンに体験予約を入れる前に、一通りチェックしてみてくださいね。

まずは最初の一歩!予約の流れを把握しよう

まずはどんな流れで体験当日を迎えるのか、ご紹介します。
エステサロンの予約は「ネットで仮予約→エステサロンからの確認の電話→予約確定」という流れが基本です。

 

まずは気に入ったサロンのホームページから予約申し込みフォームへ移動、
そこから希望日時と店舗、希望の体験コースなどを入力、送信して仮予約をします。しかし、これで予約完了というわけではありません。

 

申し込んだ当日〜3日後にエステ側から電話があります。
そこでメニューや日時の再確認や、それ以外の確認事項、注意事項などがあり、あなたが同意すれば本予約の完了となります。

 

「それ以外の確認事項、注意事項」といっても、心配することはありません。いくつかの例を挙げると、まずは所要時間の確認です。

 

「施術時間は60分ですが、カウンセリングや着替え、あなたに合う本コースや商品の紹介で、2時間半ほど時間がかかりますが大丈夫ですか?」ですとか、他には生理の確認や、どのくらい痩せたいかの希望、アトピーやアレルギーなどの体質や肌質の質問、確認があります。

 

時間にすれば10分位です。逆にサロンに質問等がある場合は、遠慮せずにどんどん質問して大丈夫です。

 

最後に、3日ほど経っても確認の電話がない場合、申し込みフォームから正しく送信されていない可能性があるので、一応サロンに問い合わせてみることをオススメします。

初回の体験でもエステの良し悪しが分かるチェックポイント

せっかくエステに行くのだから、やはり「自分に合う良いサロン」に行きたいものです。いくつものエステに体験、取材に行ってきましたが、実は初めての入店でも「ここはアタリ!」と感じるエステはあるのです。
その良いサロンを見極めるために、重要ポイントをご紹介します。

 

居心地がよい

扉を開けた第一印象や施術ルームに入ったときに、居心地が良いと感じるかどうか。エステ自体の雰囲気や内装が自分の好みだと、居心地がよいと感じやすいはずです。あと意外なところでは匂い。たかが匂い、と言うかもしれませんが、嫌な匂いのサロンだと足を運ぶのがしんどくなってしまうものです。

 

スタッフの接客が良い

エステサロンに入店したときから帰るまで、スタッフの接客が良いと気持ちのいいものです。特に、痩身コースに通うことになれば、エステティシャンと協力しながら痩せることを目指します。なので「どのスタッフも感じがいいか」「店長の印象は良いか」というのをチェックするといいと思います。

 

・使用している商品が肌に合うか

サロンで使っているコスメが自分の肌にしっかりと合えば、成果はさらに高まります。痩身のエステで使用するオイルなどは、下手をすると痒くなったり、べたつきが気になる場合もあります。似たようなオイルなのに、意外とべたつかなかったりするケースも有ります。

 

成果が得られる

エステに行くからには、ケアをすると必ず成果・結果を出してくれるというのは当然の事。効果はケア内容や体質により、とても個人差が見られます。ですが、しっかりと個人の体質に合わせて成果を出してくれるのはよいエステに違いありません。

 

コストパフォーマンスがよい

通い続けることを視野に入れると、やはり料金は気になります。しかし、リーズナブルなエステだと、効果はあってもサービスがダメダメだったり、インテリアがチープだったりして雰囲気がパッとしない、という所も確かに多いようです。すべてを望むなら高級なエステサロンに行くしかありません。しかし、内装はどうでもとにかく痩せればいいとか、やっぱり癒やされることが一番というように、自分自身の優先順位に合ったエステを選ぶことも重要です。

 

強引な勧誘がない

初回体験コースの後で、強引な勧誘に困った...なんて事はよく聞く話。この時、はっきり断ったあとに、さらに食い下がって勧誘してこないサロンは好感が持てます。また、こちらの予算を考慮してメニューを紹介してくれるサロンも、信用できるなと感じます。逆に、今日中に契約すれば○○円値引します、というサロンは、あまりオススメできません。

 

満足感を充分に得ることが出来た

基本的に、これが何よりも重要かもしれません。ケアが終了したあとや、帰り道に「満足した」「楽しかった」と、自然に思えるサロンは、あなたに合っている証拠です。とても直感的なことですが、こういったカンを優先すると、当たりが多いように思います。

カウンセリングでサロンの技術力を見極める!

エステに行ってみると施術前に全員が行われるのがカウンセリング。カウンセリングのみでも、そのエステやエステティシャンの技術力をチェックすることが出来るのです!

 

まずはじめに、カウンセリングは、

  • その人の体質で受ける事が可能どうか、エステサロン側が確認する
  • 体験するメニューがどんな風なのか解説する
  • もしものトラブルやデメリットに関する説明をする

などのために行われます。

 

つまりは、あなたが体験するコース内容をしっかり理解し、了承した上で施術を行うために必要なのです。

 

次に「NGなカウンセリング」を覚えておきましょう。こんなカウンセリングを行うエステは気を付けて下さい。

 

時間がとても長いor短すぎる

1つの例として、施術が60分にもかかわらず、カウンセリングが40分以上かかるケースや、逆に5分ほどで終了してしまうサロンはNG。特に注意点の説明が多いケースはその分トラブルが多く、短いと説明不足であるとも言えます。

 

専門用語を多用して分かりづらい

専門用語が多く、全くピンと来ない!そんなカウンセリングをするサロンもNG。カウンセリングの意味は、施術をしっかりと把握してもらうこと。ですから、普通の人が理解できる言葉で説明をするのが原則です。

 

威圧的、高圧的なカウンセリング

よく耳にするのが、コース終了後のカウンセリングでのこと。「今の体型は本当にヤバイ」というような批判です。悩んでいることに対して威圧的、高圧的な言葉を使うサロンはいけません。

 

一方的なカウンセリングばかり

コースの内容や注意点はきちんと伝えてくれても、こちらの悩みや相談に対して何の答えも見られなかったり、話をそらすようなことはあってはダメ!知識や技術が乏しくて答えられない、という可能性もあります。

 

カウンセリングは非常に大事なことです。しっかりと説明を受け、納得してから判断しましょう。

「エステって勧誘が怖い...」良い勧誘・悪い勧誘の見極め術

程度の差はあれど、ほぼ全てのサロンで勧誘はあります。コースメニューの紹介だけで終わるところもあれば、なかなか帰してくれない場合も…。ここでは「良い勧誘」と「悪い勧誘」の見極め方について、ご紹介します。

 

まずは「このような勧誘には注意!」という具体例です。

複数回のコース契約を強くすすめる

体験コースを終了した後のカウンセリングで、複数回のコースをしつこく勧めてくるパターン。断っても何度も勧めてくるのは注意が必要。

 

その場での契約を迫ってくる

「この体型は正直言ってひどいからすぐに始めないと」「この場で契約したら○○円値引き出来ます」などと即日の契約を迫るサロンはNG。支払う額も額なので、即決できなくて当然です。

 

コスメ購入を強く勧める

不要なコスメの購入を勧めてくるエステサロンも問題外です。痩身コースを受けたはずなのに、なぜか化粧品を勧めてくるケースすらあります。

 

勧誘の時間が長すぎる

体験コース終了後、勧誘の話が長すぎるのは要注意!こちらの気持ちを、ちっとも考えていません。

 

続いて、「良い勧誘」とはどういったものでしょうか。

身体をよく把握してくれる

痩身コースならば、落ちやすいパーツや体質、脂肪が燃焼しやすい方法などを提案してくれる。あなたの身体をよく分析して、見合ったコースを勧めてくれるのは良い勧誘です。

 

具体的で専門的なアドバイスをしてくれる

例えば、どの部分が痩せやすく、どの部分が痩せにくいか、何をどうすれば痩せやすくなるのか、など具体的かつ専門的なアドバイスをしてくれるかどうかも、エステを選ぶ上で大事な点ですね。

 

身体の悩みや希望のイメージをしっかり聞いてくれる

きちんとこちらの希望を聞き入れてくれたり、熱心に悩みについて提案をしてくれるかどうかがとても重要です。エステに通うことになると、エステティシャンと二人三脚で行っていくことになるので、誠実さや信頼というのは絶対に必要なポイントだと言えます。

 

勧誘されても上手くかわすコツは?

施術に満足できなかったり、契約する気にならなかったらハッキリと断りましょう。その際に役立つ断り方をご紹介します。

 

「予算が合わない」

正直に費用面で契約できないことをはっきりと言いましょう。ローン契約や、クレジットカード払いを勧めてこられても、しっかりと断ることが大切です。他にも「専業主婦だから夫に相談してから」「今は無職で就職活動中」といった断り方も有効です!

 

「他のエステも色々受けてみたい」

他社のエステサロンに行くことを止めることはできませんよね。何より雰囲気や押しに負けずに、しっかりと自分の意志を持つことが重要ですね♪